S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


【go places】

初めての場所に行く感覚が好きだ。

土地独自の建物、服装、街の匂い、植生、そして空気感と影。
睡眠不足。
多少眠くても、高揚感がそれを消し去る。

その場所に流れる独特の時間。
日常生活では気づきにくいことが、見えてきたりする。

不慣れな土地では、いつも以上に五感を使うからかもしれない。
【使う】というか、【解き放つ】。
なんてかっこよく言ってみる。

久しぶり、東京に帰る。
ここは、また違う意味で、自分が奮い立つ場所。
空港からの道。夜のビル群の抜けて行く。

【挑戦】でしょ。
ギアを変えて明日からまた、挑みます。


d0232870_1055090.jpg

[PR]
# by sun_ao | 2011-08-03 10:06 | TRAVEL

No.008

d0232870_229559.jpg
       【Your limitation is beyond your imagination.】
              開き直ったときの"強さ"。
                  Cape Point, South Africa, 2007


ケープタウンの街から、喜望峰までチャリで走破した時の一枚。
KとUMAと早朝出発して、隣街のCamps Bayくらいでもう息きらしてた。苦笑

土砂崩れで通行禁止のルートを下ったり、
体力ゼロの時に、野生のマントヒヒにびびったり、
想像以上に過酷な旅でした。

上りが続く山道。もう意地でチャリから降りんかったな〜

"開き直る"=自分の想像以上の領域に入ること。

笑いがこぼれることもある。
笑うしかないのかもしれない。

ここが自分の限界ラインを押し上げとる時。
そう言い聞かす。

ほな、まだまだ行くで!!!
[PR]
# by sun_ao | 2011-07-04 22:29 | POST CARD

No.007

d0232870_1621965.jpg
       【"Seeing is believing." "Trying is changing."】
        "百聞は一見にしかず"。"百見は一験にしかず"。
                    Cape Town, South Africa, 2008



よく知られた諺をもじりました。
このポストカードを作ったあとで、
「百見は一動にしかず」って言葉、どこかで見ました。

いや〜、かぶってる!苦笑

まぁ、プラスに考えて!
これは自分的には英語のシンプルさが気に入っています。
トライすることから"変わる"、的な。
自画自賛!?

忙しい日が続くと、休みはただダラダラしてしまう。
何かしなきゃって思うけど、体が動かん。
動きたくない。
こんな時、止まっているのかもしれません。
中々、一歩が面倒で出ない。

けど、止まってても想像だけは止めないように。
次動いてる時のイメージを。
虎視眈々と。

3年後、5年後振り返ってあの時こうしとけば良かった!
なんて極力言わないように。

まぁ、適度にゆるく生き抜きます!


ちなみに、この写真はイースターエッグを"まさに"作ってるとこです。
Thanks, my teacher Aaliya!
[PR]
# by sun_ao | 2011-06-30 16:22 | POST CARD

【人間性】

マハトマ・ガンジーは言っていました。

You must not lose faith in humanity.
Humanity is an ocean;
if a few drops of the ocean are dirty,
the ocean does not become dirty.

人間性への信頼を失ってはならない。
人間性とは"大海"のようなもの。
ほんの少し汚れても、海全体が汚れることは無い。



深い。
映画「パッチアダムス」でも言ってたフレーズ。
人間性を理解するには、その"大海"に飛び込まなくちゃいけない。


人それぞれ駄目なとこ、嫌いなとこ、自分の弱い所から逃げたくなる時がある。

けど、それも人間性。


"さらけ出していくこと"


それが当たり前だけど、難しい。

先に心開いた方が心地よい。

北海道の自然、仲間から学びました。

Thanks a lot, Group A!!!


メールも電話も殆ど自分からせんけど、
何気に寂しがりやな自分を今後ともよろしくお願いします。

d0232870_2129931.jpg

[PR]
# by sun_ao | 2011-06-22 21:31 | LIFE

【NUDE LAMP】

年を重ねるごとに自分の感覚、価値観も変化する。
自分の『服』もそう。

服を意識し始めたのは、大学に入ってから。
それまではあんまし何も考えてなかったなぁ〜
よっ、田舎もん!


〜服歴史〜

大学で関西に出て、古着にはまる。
ザ・古着っていう大阪だから許されるような感じ。
今では、つなぎは着てはいないが大切に保管。

大学を編入してから、また服の感じが変わる。
古着は古着だが、スラッめというかサイズ、色にこだわった感じ。
ニット帽多用!

アフリカから帰省後は、ユルい感じのサルエルやタイパンツスタイル。
ネイチャー系?なのか、けどシンプルな感じに。

東京に来てからは、スマートにシャツ、そして下はユルくがベース。
仕事用にポケットが深いパンツを愛用。

という感じ。
よく当時の彼女に影響うけるという人種でもあります。苦笑



高いブランドものには無縁な感じ。
ベースは今でも古着。I love 古着屋!!!
もちろん、社会人になってブランドものが質もよく、
ステータスとしても大事だと承知の上ですが。
けれど、古着にも奥深さはある。
簡単にはいいものは見つからんかもしれんけど、
必ず自分を引き出してくれるものがある!
ある意味、古着はオリジナルやから。


そんな自分の古着屋史の中で愛着のある古着屋が2店。

1つは大阪を離れる間際に、はまった寺田町にある『CHAPPIE』。
もっと早く行っとけばよかったと思うくらい、お洒落な古着屋。
オーナーのロスへの買い付け頻度が半端ないので次々に新たな古着に会える。
大阪によった時必ず立ち寄るお店。

そして、もう1つが写真の『NUDE LAMP』。
過去に北海道をヒッチハイクして、帯広で出会ったこの古着屋は、
東京にも大阪にもひけを取らない古着と小物を取り扱っている。
レイアウト、音楽等本当個人的にはNo.1店。
今回、仕事でたまたま宿泊したホテルの向かいにあったことには、
縁を感じずにはいられず、また五年前にあったお洒落で、
ナイスな人柄の店長さんも健在だった!
本当にご親切に二度もありがとうございました!!!
今日は大人買いばい!笑

今後もお世話になりたいお店です。

古着万歳!!!
年を重ねても、うまく着こなしていきたい。

d0232870_1754332.jpg

『NUDE LAMP』
北海道帯広市西1条11-17-5
TEL:(0155)28-5575

是非、北海道をご旅行の際には一度足を運んで見てください!
[PR]
# by sun_ao | 2011-06-06 18:05 | TRAVEL