S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


【NUDE LAMP】

年を重ねるごとに自分の感覚、価値観も変化する。
自分の『服』もそう。

服を意識し始めたのは、大学に入ってから。
それまではあんまし何も考えてなかったなぁ〜
よっ、田舎もん!


〜服歴史〜

大学で関西に出て、古着にはまる。
ザ・古着っていう大阪だから許されるような感じ。
今では、つなぎは着てはいないが大切に保管。

大学を編入してから、また服の感じが変わる。
古着は古着だが、スラッめというかサイズ、色にこだわった感じ。
ニット帽多用!

アフリカから帰省後は、ユルい感じのサルエルやタイパンツスタイル。
ネイチャー系?なのか、けどシンプルな感じに。

東京に来てからは、スマートにシャツ、そして下はユルくがベース。
仕事用にポケットが深いパンツを愛用。

という感じ。
よく当時の彼女に影響うけるという人種でもあります。苦笑



高いブランドものには無縁な感じ。
ベースは今でも古着。I love 古着屋!!!
もちろん、社会人になってブランドものが質もよく、
ステータスとしても大事だと承知の上ですが。
けれど、古着にも奥深さはある。
簡単にはいいものは見つからんかもしれんけど、
必ず自分を引き出してくれるものがある!
ある意味、古着はオリジナルやから。


そんな自分の古着屋史の中で愛着のある古着屋が2店。

1つは大阪を離れる間際に、はまった寺田町にある『CHAPPIE』。
もっと早く行っとけばよかったと思うくらい、お洒落な古着屋。
オーナーのロスへの買い付け頻度が半端ないので次々に新たな古着に会える。
大阪によった時必ず立ち寄るお店。

そして、もう1つが写真の『NUDE LAMP』。
過去に北海道をヒッチハイクして、帯広で出会ったこの古着屋は、
東京にも大阪にもひけを取らない古着と小物を取り扱っている。
レイアウト、音楽等本当個人的にはNo.1店。
今回、仕事でたまたま宿泊したホテルの向かいにあったことには、
縁を感じずにはいられず、また五年前にあったお洒落で、
ナイスな人柄の店長さんも健在だった!
本当にご親切に二度もありがとうございました!!!
今日は大人買いばい!笑

今後もお世話になりたいお店です。

古着万歳!!!
年を重ねても、うまく着こなしていきたい。

d0232870_1754332.jpg

『NUDE LAMP』
北海道帯広市西1条11-17-5
TEL:(0155)28-5575

是非、北海道をご旅行の際には一度足を運んで見てください!
# by sun_ao | 2011-06-06 18:05 | TRAVEL

No.006

d0232870_2045454.jpg
      【I want to be like the sun generous in warmth.】
             太陽のような男になりたい。
                     Cape Point,South Africa,2007


もし、次に旅ができるならブラジルを選ぶであろう。
点々と知人を訪ねるから旅行になるかもしれないが行きたい場所。

ブラジル人の気質は、本当に肌に合う。
めちゃ適当やし、男は女のお尻を追っかけてばかりやけど、
何か憎めないというか、愛着が湧く。
人の本来持つ明るい部分の赴くままみたいな感じ。

とりあえず、太鼓があればどこでもカーニバル。
少しシャイな写真のレアンドロもお酒と音楽があれば豹変する。
毎日がカーニバル。

アフリカで一番精神的にまいっている時、
レアンドロはおいの太陽やった。 ※ゲイじゃなかよ!
お互い片言の英語やったけど、心で会話しとった感じ。
レアンドロに背中押され、ブラジル人の輪の中で、
我武者らに踊ったその日から、世界がパッと開けた!


それから西へ旅に出て、おいは温和というよりも、灼熱というよりも
何か【太陽】みたいな存在になりたかなぁって思った。

レアンドロはおいの先生でもあり、ブラザーでもある。

まぁ、到底ポーカーフェイスはおいには似合わんね!笑
今後も【太陽】のような男、目指して歩みます!
# by sun_ao | 2011-05-29 20:28 | POST CARD

【雨の日】

梅雨の時期になりました。

明け方に終わった昨日の撮影。
天候がもって本当によかった!
本日は昼まで寝て、体調を整えております。

外はどんより、雨模様。

けど、自分は雨は嫌いじゃないとよね。

雨が降ると、心が落ち着く。
潤いを感じるし、屋根を叩く雨音、車が走りさる水たまりの音、
降り始めのアスファルトの匂い、外の動きが緩やかになる静けさ。
何よりも夜の雨とかは部屋に居ると、自然に守られてるような気になる。
やから、雨の日は結構すき。

もちろん、服が濡れ、靴下まで雨がしみ込むのはきついけど、
それでもいい。

【晴れの日】は無論、心地よい!
けど、めちゃ晴れの日に、何もできない自分はめちゃ嫌になる。

ということで、結論は雨は好きということです。


d0232870_15451134.jpg

# by sun_ao | 2011-05-27 15:46 | LIFE

【旅人へ】

自分の一つ上の世代で、飛び抜けているであろう旅人がいる。

旅人の名前は
「石川直樹」。

活字では見たことがある名前かもしれない。
自分も取り分け詳しいわけではないが、
ふと彼が綴った文章がとても胸に響いた。

その一文を紹介。


旅をすることは、
世界を経験することだ。
何もかも知っているつもりになって、
目の前の世界を
切り捨ててはいけない。
あるときは北に向かって歩き、
あるときは南に向かって歩く。
雨に打たれながら、
雪に足をとられながら、
砂塵に巻かれながら、
荒野を歩いていると、
あらゆる感情がこみあげてくる。
自分にできることは限られているが、
歩くこと、
想像することをやめなければ、
その先に何かがきっと
見えてくると信じている。


まさしく、その通り。
言葉で、文章でストレートに表現された文。
響いた。


d0232870_812810.jpg

# by sun_ao | 2011-05-18 08:12 | TRAVEL

【好きな場所】

東京に来て、早三年。

まだまだ、ペーペーな田舎者ですが、今日は好きな場所を挙げたいと思います。

まず、我が家から奥沢駅に向かう二つの道。
奥沢商店街と自由通りの道。
気分によってどちらかを使うがどっちもほのぼのとしていい。
奥沢には、おいしいお店が点々としてるのも魅力。
ベトナム料理屋は一人でもよく行くお店。
商店街入り口にたたずむ古本屋も忘れてはいけない。
絵に描いたような店主が営むこの店は、読書という楽しさを教えてくれる場所。

次に、奥沢から自由が丘へ降りる坂道。
自由通りから一本入ったこの道は、交通量も少ない為、
自分のペースで歩ける。
自由が丘に近づくに連れ、街並がお洒落になり、
下り坂も手伝って足取りが軽くなる。
緑道とベンチのコンビは温かい日にはたまらんくらいマッチする。
冬は、無印の前にあるワーゲンカフェのハニーミルクHOTがおススメ。

番外編では、縁縁がある麻布十番も好き。
海外の人が多いから、街の空気も他とは違う。

そして、忘れてはいけない好きな場所。
それは、明治神宮。
原宿駅の裏に位置しながら、いつも静寂さを保つ自然豊かな場所。
竹下通りの人ごみが、目と鼻の先にあることを忘れさせるこの場所は、
ただ参拝するだけではもったいない。
礼拝場向かって左手に抜ける道を見逃してはいけない。
そこを抜けて行くと明治神宮の庭園が広がる。
木々に囲まれた道から広がるその場所は、
磁場良いと言われるのも分かる気がする。
何か、良いものが思いついたりする気がするので、
会社の打ち合わせに使ったりもする。
芝生で寝転がって昼寝して過ごすのなんてたまらんやろね。

と謎めいた日記ですが気になさらず。
ただ一度、訪れて見てください!
d0232870_1533935.jpg

明治神宮,日本,2011
# by sun_ao | 2011-05-06 15:18 | LIFE